プチ整形で治療

プチ整形でわきが・多汗症治療する場合には「切らないわきが・多汗症治療」と「手術で行うわきが・多汗症治療」があります。


「切らないわきが・多汗症治療」には、薬用クリームでデイリーケアする方法と、ボトックスによる制汗、マイクロレーザ法があります。「手術で行うわきが・多汗症治療」には、レーザーマイクロシェービング法、マイクロシェービング法、スーパーマイクロ法があります。今回はその中から「切らないわきが・多汗症治療」について説明していきましょう。


薬用クリームでデイリーケアですが、わきが・多汗症の改善にはアルミニウムが効果的。DWクリームには高濃度アルミニウム化合物が含まれており、汗孔内で金属ゲルを形成してアポクリン汗腺とエクリン汗腺の出口をふさぎ、汗とニオイを抑えます。 またエタノールや高濃度塩化ベンザルコリウム液の殺菌効果により、わきがの原因菌を除去し臭いを元から抑えます。


次にボトックスによるわきが・多汗症治療ですが、交感神経の働きを弱める作用があるため、わきの下に注入することでアポクリン汗腺やエクリン汗腺といった汗腺の活動を抑制し汗の分泌が抑えます。汗の分泌が減ることで臭いも軽減します。汗腺を取り除くわけではないので効果は約半年間です。1回の治療時間は5分程なので日常生活に制限はありません。




最後にマイクロレーザー法によるわきが・多汗症治療ですが、メスを使わないので傷を残さず、仕事に支障が掛からない治療法です。アポクリン腺とエクリン腺に直接レーザーを照射することによって燃焼させ、臭いと汗の元をシャットアウト。1ミリという極細ファイバーでアプローチするため、傷がのこらないのが特徴です。また20分程度の手術の後はすぐに帰宅でき、翌日の仕事に支障がありません。