治療薬

多汗症の治療に使うお薬を紹介してみます。多汗症関連用語の説明になりますが「塩化アルミニウム」について少しお話をしたいと思います。塩化アルミニウムとは、汗を抑える働きのある物質で、制汗剤やデオドラント剤などの中に含まれている成分になります。塩化アルミニウムは皮膚に直接塗ることで効果を発揮するのですが、あくまでも効果の程は一時的なものであり、多汗症を根本的に治療するといったものではありません。また皮膚がかぶれるなどの可能性があります。


次に「抗コリン剤」について。一般に「抗コリン剤」は腹痛などの痛み止めに使用する薬です。発汗刺激を行う交感神経の末端からアドレナリンという神伝達物質が分泌されますが、汗腺からは例外的にアセチルコリンという物質が分泌されます。「抗コリン剤」を服用することでアセチルコリンの分泌が抑えられ、分泌が抑制されることにより発汗を抑えることができるので、多汗症の治療に効果的だといわれています。でも「抗コリン剤」は汗腺のアセチルコリンだけではなく、全身のアセチルコリンも抑制してしまうため、喉や目の渇き尿の出が悪くなるという副作用が生じます。そのため「抗コリン剤」を継続的に服用することは望ましくないようです。


最後に「グランダキシン」について。これは自律神経を調整する薬で、多汗症につながるのぼせ・発汗・頭痛・動悸などの症状を抑えるだけでなく、多汗症の主な症状である発汗の治療にも効果があるそうです。また、「グランダキシン」は更年期障害やむちうち症などの治療にも使われていますが、重症筋無力症や急性の緑内障などの症状がある方は、主治医と相談した上で使用してください。この薬の副作用は、眠気・ふらつき・めまい・口の渇き・吐き気・食欲不振・便秘などの症状があるようです。


なお、どの多汗症の治療薬も、必ず医師の診察の元で使用するようにしてください。